ホーム > 法愛 9月号 > 終わりの詩

終わりの詩

変わらない

人生は
常でなく
河の流れのように
雲の行くように
いつも変化していく

そんな人生のなかで
変化しないで
変わらないものがある

花は必ず
散っていくけれど
桜の花は
いつも
桜の花を咲かせる

決して
梅の花になることはない
その真実は
変わらない

人生のなかで
変わっていくものと
変わらないものを
見定めていく

変わらない
もののなかに
尊く生きるための
宝が光っている


訪問者数:    本日: 昨日: