ホーム > 法愛 > 人生を考える言葉

人生を考える言葉

2017年

2017年9月 心の眼で、相手の大切な思いをくみ取っていく
2017年8月 苦難のとき、生きる情熱が身を助ける
2017年7月 人生の壁を乗り越えると、そこに幸せの園が見えてくる
2017年6月 どう生きていくか。その問いが尊い出会いをつくる
2017年5月 充実した一日は、朝のこころがけで決まる
2017年4月 具体的な思いが、自分を引っ張っていく
2017年3月 苦労は、必ず実をむすぶ
2017年2月 生きる正しい考えを描いておくと、幸せの道が開けてくる
2017年1月 考え方の強い方へ、人生が引き寄せられていく

2016年

2016年12月 成功しようという強い思いが、自分を成功へと引っ張り上げる
2016年11月 どのような人間になりたいかを、明確に心に描く
2016年10月 人格向上が、生まれて来た理由である
2016年9月 謙虚さは、成功に到るための杖である
2016年8月 ゼロからやり直す。その精神が大きな仕事をする
2016年7月 やればできるという、積極思考を捨てない
2016年6月 できないではできない、記憶すべき成功の言葉
2016年5月 成功を常に考えている人は、成功の道を歩む
2016年4月 考えは、その人自身である
2016年3月 自分の人生を、あわてず、ゆっくり歩いていく
2016年2月 人を慈しむ自分、そんな自分を見失わない
2016年1月 自分の意志で、自分を育てていく

2015年

2015年12月 慈しみの思いは、安らぎの風を吹かす
2015年11月 素直な人との出会いは、心が洗われる
2015年10月 勤め励む人は、尊い風を吹かす
2015年9月 ほんとうの自分は、いつも明るく積極的である
2015年8月 穏やかで澄んだ心に、美しい世界が見えてくる
2015年7月 ほほえみが、幸せを引き寄せてくる
2015年6月 小さな花でも心に映ると、ほほえみがこぼれる
2015年5月 やわらかな思いは、幸せの陽だまりである
2015年4月 天の心とは、自らを高め、人を慈しみ思い
2015年3月 やさしい気持ちにふれると、尊くてありがたくなる。
2015年2月 人も物も、粗末にしない
2015年1月 心穏やかであれば、自分が天の月とひとつになれる

2014年

2014年12月 自分の心にも、天の月は映る
2014年11月 自分を正しく育てていく努力が必要なのだ
2014年10月 真なる自己との出会いは、喜びに満ちている
2014年9月 自分を正しく育てていく努力は、美しい
2014年8月 本当の自分は、思いやりとやさしさに満ちている
2014年7月 本当の自分は、きらきら輝いて美しい光を放っている
2014年6月 大いなる仏や神の心を、みないただいている
2014年5月 澄んだ心には、相手のきれいな思いが映る
2014年4月 相手の悲しみや辛さを、心の瞳に素直に映してみる
2014年3月 精いっぱい生きてみる。そこに本当の自分が見えてくる
2014年2月 自分は今までどう生きてきたのかと、自分にときどき問うてみる
2014年1月 平らかな自分の心に、ときどき自分自身を映してみる。

2013年

2013年12月 心で何を思い、何を考えているか。それが真なる自分である。
2013年11月 心が乱れて波立っていると、自分の姿は見えてこない
2013年10月 自分の心を穏やかにすることが、いかに大切かを知る
2013年9月 真理という光の中で憩うときが一番、幸せなのだ
2013年8月 この自分は、自分の考えで思うように作っていける
2013年7月 やさしく生きようと自分作りをしていると、やさしさが身体に現れてくる
2013年5月 自分は、自分自身が思いの通り作っていける
2013年6月 この世は、自分作りをしていく修行の場である
2013年5月 自分は、自分自身が思いの通り作っていける
2013年4月 まわりのことを省みない人は、自分勝手な人である
2013年3月 努力して、自分をやさしい人柄に変えていく
2013年2月 やさしい人は、落ちているゴミを黙って拾います
2013年1月 本当にやさしくていい人は、ゴミなんか路上に捨てられません

2012年

2012年12月 清らかな行いは、本当の自分の現れである
2012年11月 真理が、本当の自分であり、本当の身体である
2012年10月 はかないこの身体が、本当の自分であろうか
2012年9月 自分の身体は 自分が望もうと望まないとに関わず変化していく
2012年8月 思い通りになる自分と思い通りにならない、2人の自分がいる
2012年7月 人を大切にしている自分は、とても尊い自分である
2012年6月 相手の無事を祈ると、やがて自分が守られるようになる
2012年5月 相手を大切にする思いを、心に染めていく
2012年4月 素直な思いで祈ると、その願いは必ず神仏に通じていく
2012年3月 見えない世界には、確かに輝ける神仏がいる
2012年2月 相手を思うあたたかな心を 杖として歩む
2012年1月 失敗は、成功への第一歩

2011年

2011年12月 あきらめることなく、何度も挑戦する。そこに勝利が開けてくる
2011年11月 研鑽を積むための言葉を持ち、生きる
2011年10月 挫折にあっても自分を見失わないで、努力を続ける
2011年9月 挫折や失敗したときなどに、自分を強く感じる時がある
2011年8月 心穏やかに自らを省みると、感謝の思いが流れていく
2011年7月 支えられている自分を思えば、本当の自分がそこにいる
2011年6月 ありがとうの言葉が、自然に心からあふれてくる人となる
2011年5月 ありがとうの言葉は、相手にじんわりと染み込んでいく
2011年4月 小さな出来事を大切にすると、心が温かくなる。
2011年3月 あたりまえではない。一緒にいられるだけで幸せ。
2011年2月 支えてあげて、幸せを思う
2011年1月 たくさんの経験を積んで、自分を感じとっていく。

2010年

2010年12月 相手がいるから、幸せになれる。
2010年11月 支えられていることを感じたとき、それは自分を感じているとき
2010年10月 相手の幸せのために生きる。これがしっかり生きている証拠である。
2010年9月 いつもいつも、自分の幸せを他の人の力にゆだねていてはいけない
2010年8月 相手の幸せのために自分が役立つという精神が、幸福を作りだす
2010年7月 自分の不幸を人の責任にしているのは、自分を見失っているからだ
2010年6月 自分の不幸を父母の責任にしては、決して幸せになれない
2010年5月 生きていくためには、まず自分がしっかりしなくてはならない
2010年4月 本当の自分に出会うために、心を平らかに穏やかにする
2010年3月 迷子の子が母を探し求めるように、本来の自分を探す。
2010年2月 我が真実なる心を知ることは、神仏の心を知ることと同じである。
2010年1月 我が心の内にある仏心は、大いなる仏のみ心に通じている。

2009年

2009年12月 自己を探し求めていくと、仏の心に至る。
2009年11月 多くの人の利益と幸せのために、教えを伝える
2009年10月 仏教の原点は、自己を探求することだ
2009年9月 心が平静でいられなくなると、自分を見失ってしまう
2009年8月 ささいな出来事で心を傷つけないよう、冷静な眼(まなこ)を培う。
2009年7月 心を乱して自分を見失うと、幸せから遠ざかってしまう。
2009年6月 「ああ、私は今ここにいる」と思えたとき、幸せの真っただ中にいる。
2009年5月 穏やかさの中に、本来の自分を感じることができる
2009年4月 心の穏やかさが、何ものにもかえがたい幸せである
2009年3月 信仰は、この世の苦難という激流を渡る大きな船である
2009年2月 神仏の心を我が心とすると、人のことを考えられるようになる
2009年1月 多くの人に支えられていることを知ると、苦しみはやがて通りすぎていく

2008年

2008年12月 苦しみに翻弄されている人は、どれほどあなたのことをみんなが心配しているか見えない
2008年11月 苦しみから抜け出すには、自分のことよりもまわりのことを考えることだ
2008年10月 苦難や困難は、神仏を信じる力によって乗り越えられる
2008年9月 苦しみの中にあるときも 偉大な存在は あなたを見守っている
2008年8月 偉大な存在が、常に私に何か大切なことを気づかせようとしている
2008年7月 苦難にあったとき 神の声を聞け
2008年6月 私とともに戦っている 尊い存在がある
2008年5月 一日一日の積み重ねが あなたの人生をつくる
2008年4月 砂時計の砂のように 悩みはいつかみな落ちてしまう
2008年3月 あの世で人生計画をし 今度は何を学び取るかということを考えて生まれてくる
2008年2月 この日一日が一生である そう思って生きていく
2008年1月 毎日が新しい人生である そう思うとまた生きていける

2007年

2007年12月 悩むより 今このとき何ができるかを考える
2007年11月 人生を好転させるために 取り越し苦労をやめてみる
2007年10月 余計な心配はしない すると悩みが半減する
2007年9月 この世で私たちは 魂を鍛える修行をしている
2007年8月 不幸を見るのでなく どこに幸せがあるかを見るのが大切だ
2007年7月 よい面を見る習慣をつけると 幸せが倍加する
2007年6月 地上の最大の悲劇は 自分に欠けているもの考えることだ
2007年5月 苦難が自分を助けることもある
2007年4月 苦しみから逃げようとすると さらに苦しみが増す
2007年3月 自分を好きになることで 運命を好転できる
2007年2月 失敗やつまずきをしたとき 生きる見方を変えてみると新しい発見がある
2007年1月 誰にでも生きる 素晴らしい力がある
このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: